ニキビに効果的なビタミンを食べ物から摂取

ニキビができた時の対処または予防には、ビタミンB2・B6・Cが有効となります。

ビタミンB2には

 

主に肌の皮脂の分泌を調整する働きをします。不足すると皮脂を正常に分泌できなくなるため、脂性肌に傾きニキビを発症しやすい肌状態になってしまいます。ニキビだけでなく肌荒れや口内炎、脂性肌、脂漏性皮膚炎などにもつながります。食べ物では、豚・牛・鶏のレバーや卵、うなぎ、納豆、ヨーグルトなどに多く含まれています。必要以上に取りすぎても体外に排出されるので、食べ物から摂取した場合、過剰症の心配はありません

ビタミンB6には

 

皮膚炎の予防に対して良い効果があります。たんぱく質の代謝と深く関わっています。不足すると皮膚炎を発症したり、ニキビ、肌荒れ、口内炎、脂性肌、湿疹などを引き起こします。さばやいわし、さんま、まぐろなどの青魚やレバー、卵、バナナなどに豊富に含まれています。B6も、普段の食事の中で摂取する程度の場合において、過剰症になる可能性はありません。

ビタミンCには

 

コラーゲンの生成を促し、抗酸化作用により体を酸化から守ります。悪化したニキビが治って、跡が残った場合の改善効果もあります。不足すると傷が治りにくくなったり、風邪を引きやすくなる、疲れやすくなるという症状が出てきます。いちごやレモン、キウイ、ブロッコリー、小松菜などにたくさん含まれています。過剰に摂取すると、人によっては発疹や下痢などに見舞われることがあるので注意が必要です。

 

食べ物から各栄養素を摂取することが望ましいですが、困難な場合はサプリメントで補う方法もあります!

ニキビサプリも色々とあるのですが「きらりのおめぐ実」と言うサプリメントには1回につき3粒飲みますが

 

ビタミンが3粒で

 

ビタミンC:80mg/3粒
ビタミンE:8mg/3粒
ビタミンB6:2mg/3粒
ビタミンB2:1.1mg/3粒

 

とたっぷり入っております。他のサプリだと価格的に高かったりするのですが、初回1ヵ月分が1,980円で試せますので是非とも食べ物で取るのが困難な方はサプリを使ってみると良いかと思いますよ!

 

>>>ニキビケアサプリで内側ケア「きらりのおめぐ実」

 

食べ物で効くニキビ予防の方法

 

ニキビはホルモンと細菌と皮脂に原因で顔などに炎症を起こしたりすることによって起こります。顔のTゾーンなんかは結構起こりやすいものですが、顔全体に出る可能性もあります。特に思春期なんかのホルモンバランスが崩れやすい時期に起こりやすいものですが、大人になってからもニキビと呼ばれるものが出ることがあります。

皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まって、毛穴の中に皮脂などがたまって起こる症状になっております。ニキビの原因は主にアクネ菌があげられますが、食べ物によってニキビを予防することができます。

新陳代謝を活発にしてくれる亜鉛や、ニキビの原因となる腸内の健康をよくするために、体によい善玉菌を多くしてくれる食物繊維などがよく効きます。

 

逆に出やすくしてしまう食べ物

油っぽいもの

 

動物性の脂肪分を多い物

 

甘いもの

 

刺激が強いもの

 

などが悪いとされております。ニキビというものは肌にとても大きい影響を与えてしまうために、跡が残ってしまったり、痛みを伴ったりして体にはよくないものなので

なるべく規則正しい生活をして、しっかりとした和食を中心としたものを食べることが良いですね。出てしまったときなどケアする薬なんかも併用するとさらに予防になり、さらには体のためにもなるので出ないように気をつけることがとても重要です。

 

プラスで外側ケアを行なっていくのであればファーストクラッシュを使用していくと内側と外側の両方からケア出来て良いかと思います。

 

内側からのケア⇒ ニキビケアサプリ「きらりのおめぐ実」

 

 

外側からのケア⇒ 1本で3ステップ効果「ファーストクラッシュ」

 


inserted by FC2 system